Lingobit Localizer

EN | DA | DE | ES | FR | IT | JA | NL | PL | PT | RU | TR | ZH |

主な機能

主な機能


Win32/MFC、.NET、Delphi 実行可能ファイル、および Java properties ファイルのローカリゼーション

Lingobit Localizer では、Win32/MFC、.NET、および Delphi アプリケーションのバイナリ ローカリゼーションが可能です。つまり、ソース コードを変更したり、翻訳バージョンを作成するためにアプリケーションを再コンパイルする必要はありません。

翻訳の再利用

ソフトウェアの新しいバージョンをリリースする際、新しいリソースと更新されたリソースのみを翻訳するだけですみます。

自動 QA

検証機能を使用すると、スペル ミス、文字切れ、テキストの重なり、ホットキーの間違いなどの翻訳上の問題を検出し、これらの問題のほとんど自動的に修正することができます。

交換ウィザード

交換ウィザードを使用すると、翻訳者や QA チームとのやり取りが容易になります。翻訳者にはプロジェクト ファイルと一緒に無料の Lingobit Translator Edition を配布することができるため、ローカライズ不可能なリソースや保護済みのリソースが翻訳者によって間違って変更されることがなくなります。

ビジュアル エディタ

翻訳中にダイアログやフォームを視覚的に編集することができます。また、翻訳テキストが正しく収まるようにコントロールの位置やサイズを調整することができます。

翻訳メモリ

翻訳メモリを使用すると、既存のローカリゼーション プロジェクトの翻訳を再利用することができるため、翻訳の生産性が向上します。Lingobit Localizer の翻訳メモリは TMX や CSV 形式でインポート/エクスポートすることができるため、他のアプリケーションと容易に翻訳データを交換することができます。

ダミー翻訳機能と問題検出機能

ダミー翻訳機能を使用すると、アプリケーションのローカライザビリティを検証することができます。問題検出機能を使用すると、アプリケーションのクラッシュの原因となっている翻訳を特定することができます。

コマンドライン インターフェイス

コマンドライン インターフェイスを使用すると、Lingobit Localizer をビルド プロセスに簡単に統合することができます。

多言語、単一言語、またはリソースのみの DLL ファイルのビルド

Lingobit Localizer は、一般的なローカリゼーション手法すべてに対応しています。

単一の翻訳プロジェクトで複数の言語を扱える

単一のプロジェクトに複数の言語を含めることができます。Lingobit Localizer は、Windows、.NET、および Java プラットフォームでサポートされているすべての言語に対応しています。

ステータス、レポート、統計、フィルタ

プロジェクトのレポートや統計情報は、翻訳費用を見積もったり、ローカリゼーションの進捗を把握する際に役立ちます。また、ステータスで、翻訳の進捗を管理することができます。

会社案内 | 連絡先 | 2003-2016 Lingobit Technologies - Software Localization Tools